「ネコと動物愛護」動物愛護会・愛護週間 過去の記事

2012年 2011年 2010年 2009年

動物愛護フェスティバル2013インあづみ野


今年の動物愛護フェスティバルは安曇野市です!

「動物愛護フェスティバル2013インあづみ野」

9月23日 「動物愛護フェスティバル2013インあづみ野」にご来場、猫堂ブースにご来店くださいましたみなさまありがとうございました。

2013年9月23日(祝)10:00~15:00 入場無料
安曇野市三郷文化公園(安曇野市三郷明盛4775)

主な催事:動物ふれあい教室、犬の一芸披露、災害救助犬の実演、乗馬体験など盛りだくさんです♪

動物愛護フェスティバル2013インあづみ野チラシ
チラシはクリックすると拡大ページが表示されます。

「動物愛護フェスティバルインあづみ野」ネットショップ「猫堂」が出店!
「ネコと動物愛護チャリティーカレンダー」販売します。
※フェスティバル会場にてチャリティーカレンダーをご購入くださり「猫堂見たよ」と言って下さった方に【またたび入りミニミニキッカー】プレゼント♪
猫堂商品(ネームホルダー、またたび入りキッカー、手作り首輪)を販売します。
映画「犬と猫と人間と2~動物たちの大震災~」の前売券販売を販売します。
※フェスティバル会場にて前売り券をご購入下さった方(先着10名様)に、【犬と猫と人間とクッキー】プレゼント♪
●手作り猫グッズ(オーナー品)販売
●古猫本、古犬本、ぬいぐるみなど販売
ぜひぜひ、9月23日は、動物愛護フェスティバル、猫堂ブースへお越し下さいー(^^)/


大きな地図で見る

ページのtopへ


松本市防災訓練 ペット同行避難訓練 2013年9月1日

9月1日防災の日、松本市の防災訓練に今年初めて「ペット同行避難」の訓練が加えられた、とのことで参加してきました。

松本市防災訓練

松本市防災訓練 説明

1.松本市職員の方の訓練について説明。

松本市防災訓練 受付

2.受付は3種類。
・所有者同伴避難動物:飼い主と動物が一緒に避難
・所有者不明保護動物:犬や猫を保護した場合
・逸走動物:飼っている犬や猫が行方不明になってしまった場合

松本市防災訓練 受付記入

3.受付用紙に、住所氏名、ペットの名前や特徴、どのようにして行方不明になったかなど、必要事項を記入します。
このときに用紙に記入された番号と同じ番号札をもらいます。
同行避難の札は赤、保護動物の札は青です。

同行避難犬と札を撮影します

4.同行避難の犬・猫と番号札を撮影しておきます。

 

ペット同行避難訓練

迷い犬・猫は青い札で撮影

5.迷い犬・猫は、青い札と一緒に撮影します。
※飼い主が探しに来て「逸走動物」の受付をして、その飼犬・猫を見つけた場合、この番号札で照合します。

松本市防災訓練係留

6.同行避難した犬の係留、実際は飼い主さんが自分で杭を打って係留します。

松本市防災訓練 迷い犬の係留

7.迷い犬も係留し、青い札を付けて飼い主さんが見つけてくれるのを待ちます。

松本市防災訓練 猫はキャリーバッグの中で

8.猫は、キャリーバッグの中で避難場所に置かれます。


今回のペット同行避難訓練では、実際に猫と一緒に避難所にたどり着いたときのやり方と、さまよっている犬や猫を保護したときの受付の両方をやってみました。
ペットが行方不明になったときの探し方も分かりました。
受付用紙に振られた番号と動物に付ける番号札、撮影した写真、これらで管理、照合され、飼い主とその動物が分かるようになっていました。

ただ、動物と同行避難したとしても、避難所での生活は、人間と動物は別々になり、人間の避難所に動物が入ることはできません。
犬の避難場所に係留された犬たちは、飼い主さんの姿が見えなくなるだけで落ち着かなくなったり、おびえたりしている犬もいました。
キャリーバッグの中に入れられた猫たちは、怖がって奥にひっこんでいたり、固まって動かない猫もいました。
3時間ほどの訓練でしたが、これが実際避難して何日も続いたらどうなるだろう?と思いました。

実は、うちの猫たちは、キャリーバッグの中で数時間はちょっと・・・と思い、猫が入っているつもりのキャリーバッグで参加しました。
避難してキャリーバッグの中にいるまま、飼い主とは別の場所に置かれるので、やはりトイレや水、ストレスも心配になります。
実際にどんな事態になるのか分からないので悠長なことが言えるのかもしれませんが、、、
改めて、避難するときに持って行くものを考えることと、避難所でどうするのが猫たちにとっていちばんいいのか考えておかなければと思いました。

ページのtopへ

犬等慰霊祭 2013年8月30日

2012年8月30日、「犬等慰霊祭」が行われました。
平成24年度に殺処分された動物たちの慰霊祭です。

犬等慰霊祭

平成24年4月~平成25年3月までに松本保健福祉事務所管内で保護され、飼い主の現れなかった犬並びに家の事情で飼育できなくなり、保健所で引き取った犬、猫の殺処分の頭数は、犬3頭、猫165匹、全部168頭です。
(前年度は、犬26頭、猫270匹、合計で296頭でした。)


今年もまた慰霊祭が行われました。
慰霊しなければならない命が168いました。
しかし毎年確実に頭数は減っています。

今年は特に、保健所の対応が変ったことが殺処分を減らすことにつながっていると感じています。
猫を持ち込もうとする人に、終生飼養について、新しい飼い主の探し方など、考え直してもらえるよう説得していると聞きました。
また、保健所の猫舎も変りました。
以前は殺処分までの居場所でしたが、現在は新しい飼い主が見つかるまでの居場所へと変りつつあります。
もちろん、行政として出来る範囲や予算の問題もあるでしょうが、なんとか生かそうという姿勢が嬉しいです。
行政も人で変るということを感じています。


 

長野県動物愛護会 松塩筑支部長さん

慰霊の言葉 長野県動物愛護会 松塩筑支部長さん

法要

ご住職による法要。


9月1日からは改正動物愛護法が施行されます。
「終生飼養の徹底」が取り上げられ、動物の所有者の責務として、飼っている動物がその命を終えるまで適切に飼養することが明記されました。
引っ越しや結婚、自分の病気などの理由や、動物の老齢や病気などの理由で保健所に持ち込む人に対して、保健所は引取りを拒否できるようになりました。
(以前の愛護法は「引き取らなければならない」とされていました。)
また、繰り返しの持込みも引取り拒否ですので、自分の飼っている犬や猫はもちろん、家に来る猫に餌を与えている場合も「生まれたら保健所に持って行く」ということはできなくなります。

この改正動物愛護法施行とともに、地域の人々の意識が変わってくれることを期待したいです。

ページのtopへ

速報!平成24年度の猫の保健所引き取り数と殺処分数


平成24年度の松本保健福祉事務所における猫の引き取り数と殺処分数が分かりました。

引き取り数:405匹(うち保護5匹) 殺処分数:165匹(41%)

23年度は引き取り数が395匹、殺処分数は270匹だったので、保健所の収容は10匹増えてしまいましたが、殺処分数は減ったことになります。
成猫・子猫を分けて見ると、
●成猫の引き取り:128匹→処分:60匹 ※約47%が処分。
●子猫の引き取り:277匹→処分:105匹 ※約38%が処分。


昨年の結果は、5匹ですが保健所に収容される猫の数が増えてしまいました。
「ネコと動物愛護」ではチャリティーカレンダーの販売の際にも啓発活動を頑張って来たつもりでしたので、地元の人々への訴えが届かなかったことは大変残念です。
23年度は、収容された成猫の94%が殺処分されましたが、24年度は47%、半分以上の成猫が助け出されました。これは、殺処分前に助け出したボランティアの方々の努力と成猫を家族として迎えてくださった里親さまのおかげだと思います。
保健所に収容される猫に目を向け、ペットショップから購入するより保健所からやボランティアからの猫を選んでくださるご家族が増えた一方、保健所に猫を持ち込む人間は相変わらず多いという結果です。

今年度も、5月のゴールデンウィーク明けくらいの時期から、保健所への猫の持ち込みは増えています。
先日は、子猫3匹と母猫の親子も収容されてきました。
しかしながら、保健所に収容されている猫を迎えてくださる方も増えていると聞いています。

もっと猫に対する意識が変って、飼えない子猫が生まれないように不妊の手術をすること、餌を与えている猫の手術をすること、それが常識にならなければ!
長年家族として一緒に過ごしてきた猫を、いかなる理由があろうと保健所に持ち込む選択だけはしないようにならなければ!
外にいる猫を野良猫だと保健所に持ち込むのではなく、不妊の手術をしてもらえるように、一代限りの命が認めてもらえるようにならなければ!

猫を飼い始めるときに「里親」という選択があることを広めることより、持ち込む人間の意識を変えてもらうことの方がはるかに難しいのだろうと思います。
少しでも、地元の人々にそれが伝えられるよう頑張りたいと思います。


昨年の報告は2012年のページへ 平成23年度の猫の保健所引き取り数と殺処分数

ページのtopへ


長野県動物愛護会松塩筑支部 平成25年度 通常総会

2013年3月3日、長野県動物愛護会松塩筑支部(しょうえんちく支部=松本市、塩尻市、東筑摩郡)の今年度の通常総会が行われました。
総会のあとには、ビッグウッド株式会社 本社統括取締役の野澤秀樹氏による「ペットにとって安全で、健康長生きのご飯とは」の講演がありました。

長野県動物愛護会松塩筑支部 通常総会

今年で4回目の参加です。
支部長さんの挨拶のあと、インストラクター認定交付、動物愛護事業感謝状贈呈、動物愛護事業功労者支部長表彰、来賓祝辞など続きます。
議事は、平成24年度事業報告と収支決算報告、平成25年度事業計画と収支予算についてなど、いつもながら長時間お尻が痛くなります。^_^;


毎年行われる総会のあとの講演会は、ペットフードについてのお話でした。
ペットフードの製造に関してはネットで様々な情報が得られるのでご存じの方も多いと思いますが、日本のペットフードの原材料についてや添加物などの規制の甘さなどについて触れられ、ペットのごはんは手作りしましょう、ということでした。
なかなか手作りというのは難しいものがありますので、これからもフードの表記や原材料などは注意し与えようと思いました。

 

受付画像

受付をして会費納入、資料とお茶を頂きます。

総会画像

やっぱり「25」だけ紙を貼って訂正してありました。
4年連続!無事見届けました。(^0^;)

講演会画像

支部長さんのあいさつ

「人とどうぶつ」画像

ねこ部会の方に感謝状が贈られたので撮影。(^^*)

「人とどうぶつ」画像

ビッグウッド株式会社 野澤秀樹氏の講演

ページのtopへ

長野県動物愛護会松塩筑支部 パネル展 2013年2月17日

松本市の合同庁舎1階ロビーにて長野県動物愛護会松塩筑支部のパネル展が開催されています。
データに関する展示をご紹介します。

松本保健所における犬・猫の引き取り頭数
平成22年度、猫の引き取りは463匹、その62%にあたる287匹の持ち込み理由が「計画外の繁殖」です。
去勢・避妊の手術を怠ったために生まれてしまった子猫を保健所に持ち込み殺してもらう人の多さはなんとも言えません。

松本保健所 猫の処分状況
平成23年度、猫の殺処分数はは270匹。計画外の繁殖により生まれて間もない子猫も殺されました。
また、庭にやってくる猫に餌をやっていたら子猫を生んでしまったからと親子で持ち込まれる例や、病気になってしまいもう看ることができないと持ち込まれる老猫もいました。

不妊手術のお願い
訴えるような掲示物もありました。
猫を保健所に持って来て「かわいそうだけれどしかたない」と言って猫を殺す人間。ただ不妊の手術をすれば良いことなのに。

年度がかわるとまた平成24年度の保健所引き取りや殺処分の統計が分かると思います。この狭い松本保健所管内だけでも多くの命が殺されている現実は悲しく厳しいもので、ボランティアの方々の努力だけではどうにもならない問題だと思います。
もっともっとこの地域の人々に意識を変えてもらえるよう「ネコと動物愛護」「チャリティーカレンダー」を頑張らないと!と思いました。

増やさないのも愛
環境省発行冊子「ふやさないのも愛」

家にやってくる猫に餌をやったら飼い主と同じ、不妊のための手術の重要性が分かりやすいイラストで描かれています。

犬や猫を飼おうと決めたらペットショップに行く前に、「動物の飼い主探しインフォメーション」へ。保健所に収容された猫がや犬が新しい飼い主を待っています。
「動物の飼い主探しインフォメーション」


ページのtopへ

コンテンツ


「ネコと動物愛護」とは

長野県松本市の猫に関する身近な地域の情報や参加できる動物愛護についての情報発信。猫の里親募集や行方不明猫の捜索のお願いなども掲載しております。
ボランティアグループ「ネコと動物愛護」として、猫のTNR、地域猫活動など、地元の猫のボランティア活動を行っております。
猫や犬のボランティア活動に役立てるため「ネコと動物愛護チャリティーカレンダー」の製作も頑張っています。


「猫堂」ショップ

「猫堂」
ショップサイト「猫堂」バナー
「ネコと動物愛護」のショップサイトです。「猫堂」の収益は「チャリティーカレンダー」の制作費に充てられます。


ブログ

「猫堂ブログ ショップ情報」
ショップサイト「猫堂ブログ ショップ情報」バナー
「猫堂」の商品に関する情報ブログです。


「猫堂ブログ 活動日誌」
ショップサイト「猫堂ブログ 活動日誌」バナー
「ネコと動物愛護チャリティーカレンダー」に関する活動日誌ブログです。


「かめさんとねこさんとAIBO」
ブログ「かめさんとねこさんとAIBO」バナー
ゼニガメのかめきち、ネコのちゃあ、めぐ、をちび、AIBOのTOSHIBOの日記ブログです。


リンク

このサイトはリンクフリーです。
「ネコと動物愛護」バナー


ハローアニマル
長野県動物愛護センター

「ハローアニマル」バナー
施設案内や行事予定、活動内容、動物相談Q&Aなど。
犬猫譲渡会の案内や参加申込書をDLできます。


動物の飼い主さがし
長野県公式ホームページ内の「動物の飼い主探しインフォメーション」です。
長野県内の保健所に譲渡希望が寄せられている犬と猫の情報と、保健所に保護されている迷い犬の情報です。